もしかして心身症?

心と身体のケアが必要な心身症~ハードボディヘルス~

生活している環境の影響

悩む

心身症になる人が増えてきています。なぜ最近になって心身症になる人が増えてきているのかというと、生活していく環境が深く関係しています。心身症のアレルギー喘息や気管支喘息が増えているのは、予防接種や抗菌剤などが普及、発達して、人間が元々持っている免疫反応の役割が軽くなったためです。予防のために行っているものが、人間自体の免疫機能を下げているというケースもあるのです。そして、その免疫反応が過剰に反応したことによって、アレルギー反応を起こすのです。アトピーや喘息などの心身症は、生活していく環境に強く影響されているのです。そのため、最近になって心身症になる人が増えてきているのです。このように環境に強く影響されている心身症ですが、様々な解釈をとることができます。安全で無害すぎる環境で生活している人間に、危機感を与えるための警告として心身症を発症する、という考え方もあれば、人間が動物としての感覚が狂ったことで心身症を発症するという解釈もあるのです。

緊張して頭が痛くなったり、お腹が痛くなったり、するなどの体験をしたことがある人は多いです。このようなことを心身症と言います。心と体は繋がっているために、心身症の症状を発症するのです。心身症は様々な部位に表れます。偏頭痛など神経系や、単純肥満などの内分泌、顎関節症などの歯科系など様々あります。特に多いのは、消化器系です。十二指腸潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群なども心身症とかんがえられるのです。