もしかして心身症?

心と身体のケアが必要な心身症~ハードボディヘルス~

ストレスを減らすこと

医師

心身症の根本的な原因は、心理的なことなのですが、その影響が出るのは身体です。そのため、身体の病気と思ってしまうのですが、実際には身体自体には影響が無いのです。そのため、心理的を治すためには、心と身体の両方を治療する必要があるのです。症状が出ている部位を治したとしても、心の治療をしないとすぐに再発してしまいます。だからといって、心の治療だけをしてしまうと、治療効果はすぐに感じることができないため、長期間辛い症状を感じてしまうのです。ですから、心身症の治療は、心と身体の両方をケアすることができる医師に治療してもらうか、精神科医と内科医が協力して治療していく必要があります。治療法は様々ありますが、1番の原因となっているストレスを減らすことが治療の1歩になります。心身症の症状は身体にでるのですが、その症状が出ている根本的な原因は身体ではなく、心なのです。病気の場合は、症状が出ている部分を治してしまいがちですが、表面的な部分だけではなく、心に焦点を当てることが重要なのです。1番の原因となっているストレスを放置して、治療するというのは非常に難しいです。ストレスを対処することが、治療の始まりなのです。ストレスの原因は人によって異なります。仕事量が多くオーバーワークとなってストレスを感じている人もいれば、家族との関係でストレスになっていることもあります。仕事や人間関係というのは、簡単に変えることができないため、ストレスを減らすのができないと思っている人が多いです。実際に変えることは難しいため、多くの人が心身症となっています。ベストな方法は、ストレスを無くすことなのですが、仕事や人間関係を断ち切るというのは不可能に近いです。ですから、減らすことを重要視した方が良いです。生活していると、誰もがストレスを感じるものです。ストレスを全くない状態にするというのは不可能なのです。そのため、心身症の症状が無くなるぐらいまで、ストレスを「減らす」ことを意識することが大切なのです。仕事量が多くてストレスを感じている場合は、職場に相談して量を減らしてみたり、家族との人間関係でストレスを感じている場合は、距離を取ってみたり、と方法はあります。ストレスの減らし方がわからない場合は、周囲の第3者の意見を聞いてみることも大切です。プライドが高いと人に相談もしにくくなってしまいますが、相談をすることで、安心感を得られてストレスを減らすことができるのです。

心身症の治療では、薬を使うこともあります。ただ、薬は治療として補助的なものなので、場合によっては薬を使わないこともあります。治療で薬を使用するかどうかは、担当の医師が決めます。心身症で使用される治療薬は主に2種類です。内科薬と向精神薬です。内科薬は、症状が出ている身体に対する薬で、向精神薬や自律神経を保護するために使用する薬です。心身症を治療する上で、ストレスを減らすことはとても大切ですが、その他にもストレスの処理方法を考えることも大切です。ストレス耐性が無い人は、少しのストレスでも症状を感じてしまいます。そういう場合は、耐性をつけたり、処理する方法を身につけたりする必要があります。医師や専門家からカウンセリングを受けることで、ストレスに弱い理由、ストレスとの向き合い方を見つけることができます。ただ、その効果は3ヶ月~数年と長い期間が必要です。性格や考え方というのは、短期間で簡単に変えることはできません。人間というのは本能的に変化を嫌がるので、考え方を変えようとしても、やり方を間違ってしまうと元通りの考え方になってしまうのです。1人では失敗してしまう可能性が高いので、専門家
と一緒に行ない、時間をかけて行なった方が良いです。